検索
  • Hyogo Paris

ただいま日本!(前編)

 先日、日本に入国しました。そのときの様子をお伝えします。


 3月5日より、入国後14日間の隔離に加えて、フランスから日本に到着した場合、入国後3日間を検疫所が確保する宿泊施設で待機する必要があります。関西空港到着時とその3日間の様子をお伝えします(3月14日時点)。


まずは日本入国時に必要な書類はこちら。

①搭乗72時間前の陰性証明書

 原則、日本政府指定様式のみ認められるため、医療機関に別途作成してもらう必要が

 あります。

②「誓約書」への署名

 日本到着後、14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、携帯端末での位置情 

 報の保存、接触確認アプリの導入等についての「誓約書」に署名したうえ、提出しま

 す。

③「質問票」の提出

 事前にオンライン上で、滞在歴や健康状態を「質問票」に記入し取得したORコード

 を検疫官に提示します。


これらに加えて、到着後に記入した様式もあるので、それについては後ほど。


 書類の提出や確認は、フランスの空港でのチェックイン時からありました(エールフランス航空利用)。ここでは陰性証明書と質問票のQRコードを提示。ちなみに、検疫所の案内文には「質問票は機内でも作成可能」とありましたが、事前に作成しておいてよかったです。

 さらに、搭乗時にも陰性証明書と質問票QRコードの提示、体温チェックがありました。

 また、エールフランスはサージカルマスクの着用を義務付けているため、布マスクをしている人には付け替えるよう指示がありました。


こんな感じで検温されます(イメージ)。


飛行機に乗ったら、日本までしばし休憩タイム。

 ちなみに、ちょっとした機械トラブルがあったようで1時間ほど出発が遅れました…

 


 飛行機到着後、すぐには飛行機を降りることができず、検疫官が機内で質問票QRコードがあるか確認をします。確認終了後、前の座席の人から順番に降りることができます。

 降機後の動きはというと、

 1メートル間隔に設置された椅子に着席

 ↓

 ある程度人数が集まったら、モノレールに乗り移動

 ↓

 モノレールを降りたらふたたび1メートル間隔に設置された椅子に着席


 「健康カード」を受け取って必要事項を記載していきます。ちなみに、この時点で飛行機到着後1時間が経過した19時前。おなかすいた…

これが「健康カード」


 「健康カード」に検体番号のシールを貼ってもらうとともに検査キットを受け取って仕切られたブースへ行きます。そこで各自で唾液を採取し、検疫官に提出します。

 検体提出後は…

 ふたたび書類のチェック

 ↓

 またまた書類のチェック

 「待機施設入所前の確認事項」という用紙を受け取る

 ↓

 さらにさらに書類のチェック

 ↓

 ようやく検査結果待ちスペースへ

 搭乗ゲートの待合席を区切って待機所にしてありました。ここでようやくトイレに行けました。長かった~。待っている間にさきほど受け取った「待機施設入所前の確認事項」に記入します。

これが「待機施設入所前の確認事項」。


 設置されているモニターに陰性の場合は検体番号が表示されますが、表示されても指示があるまで待つようにとのこと。私の番号はなぜかモニターに表示されないまま呼ばれたものだから、「まさか陽性では…」と頭をよぎりましたが、無事「陰性」のシールをゲット。シールをもらうと同時に4回目の書類チェック。

検体番号が表示されるモニター。

フランスで陰性結果が出ているとはいえ、けっこうドキドキします。



 そしてようやく入国審査。パスポートチェックを終え、荷物をピックアップして出口へ!

 ただし、自由には動けません。荷物の宅配手続きも不可とのこと。そのまま10~15人程度ずつホテルへ専用バスで移動します。


バスもアクリル板で仕切りがあり、感染防止対策バッチリ!


 ホテルに到着するころには20時半。つかれた…

 ホテルでの隔離の様子は後半で!


53回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示